その他のチェックポイント

ここでは、炭水化物抜きダイエットを成功させるためのポイントをまとめておきます。

炭水化物ダイエットを成功させるためのポイント

今すぐ取り入れられる簡単なものばかりなので是非チェックしておいて下さいね。

1口につき20回以上噛む。食事は20分~30分かけてゆっくり食べること。

しっかりと噛むことで、脳から満腹中枢を刺激するヒスタミンというホルモンが分泌されます。

また、ゆっくり時間をかけて食事をすることも効果的で、少ない量でもお腹が満たされます。

食べ物と水分を交互に口にする

食事中はお水やお茶を同時に摂ります。一口おかずを食べる・お茶を少し飲む、これを交互に行うことで、水分でおなかがふくれるので、食べ物の摂取量を減らすことに繋がります。ドカ食い防止にも効果的です。

食べる順番に注意する

生野菜サラダ→汁物→副菜→メインのおかず→炭水化物といった具合に、食事の時は比較的カロリーの少ないものから食べていきます。

ビタミン・ミネラル類や食物繊維の多い野菜や海草類から食べて、その次にタンパク質、最後に炭水化物といった順番がベスト。この食べ方は血糖値の急激な上昇を防ぐので、糖尿病対策にもなります。

主食はできるだけ精製されていないものをチョイス

白米よりも玄米や雑穀米がおすすめです。食物繊維が豊富で血糖値の上がり方が穏やかですし、噛み応えがあるので満腹中枢を刺激して食べ過ぎを防いでくれます。パンも白パンよりは胚芽入りのパンなどを選ぶのがベター。

夕食なら炭水化物を抜いてもOK

炭水化物の摂取量は、朝は多め、昼は少な目、夜は摂らない、というやり方だとダイエット効果が大きいです。仕事の都合で夕食時間が遅くなってしまう人には特にオススメ。

※1日に必要な炭水化物の量は通常200g~300gといわれていますから、その半分程度の100gは摂るように心がけましょう。(ご飯なら、お茶碗軽く2杯くらい)

食事内容と体重の記録をとる

日記代わりに、1日の食事内容と体重を毎日記録します。面倒なようですが、これが意外と効果大。自然と食事内容に気を配るようになっていくので、何度もダイエットに失敗している人は是非試してみて下さい。


このようなコツを取り入れて、炭水化物ダイエットに挑戦してみて下さい。

すべて行うのが難しい場合は、できそうな部分だけでも構いません。無理なく自分のペースで続けていくことが、ダイエットを成功させる一番のポイントなのです。