メニューにひと工夫を加える

ここでは、毎日の炭水化物ダイエットで飽きないためのレシピの工夫についてご紹介します。

炭水化物ダイエットのレシピを工夫しよう

メニューにひと工夫加えて炭水化物ダイエットは毎日の食事で行うダイエット。食事制限でのダイエットは、メニューを考えるのが大変なためか、同じものばかり食べる人も多いようです。

しかし、それでは飽きてきてしまいますね。そうすると、ダイエット前の食生活に戻りたい欲求が抑えられなくなり、せっかくのダイエットを水の泡にする“リバウンド”が起こる可能性が…。

そうならない為には、食品を置き換えつつ食事にバリエーションをもたせるように工夫しましょう。

  • 主食の置き換え
    食パン1枚、バターロール1個半、シリアル大さじ5、フランスパン2切れ
  • 納豆の置き換え
    豆腐1/3丁、ゆであずき50g(砂糖抜き)
  • 卵の置き換え
    ウインナー1本、鶏ササミ1本半
  • 牛乳の置き換え
    チーズ1個、ヨーグルト1パック(100kcal以下の)

などなど。

特に朝食で食べる食品は同じになりがちなので、上記のように簡単に置き換えできる食品をいくつか揃えておくと良いです。たったそれだけでも、食事の満足度が上がってダイエットも成功しやすくなります。

炭水化物を増やしたい場合は?

炭水化物ダイエットの最中でも、時には「炭水化物を沢山食べたい!」そんな欲求を抑えられない時もありますね。お腹いっぱいご飯を食べる…というのは、ぐっと我慢ですが、少しなら炭水化物を増やしてもOK。

そんな時の食事は、ビタミンB1、B2を多く含む食品を一緒に摂るようにするのがおすすめです。

ビタミンB1は、糖質をエネルギーとして消費する時に必要な補酵素で、豚肉・たらこ・うなぎ・昆布・大豆などに多く含まれます。

ビタミンB2は、脂質の代謝を促進。有害な過酸化脂質を分解する働きをし、レバー・うずら卵・魚肉ソーセージ・さば・納豆などに多く含まれています。

ダイエットレシピというと特別な印象がありますが、このようにちょっとした工夫をするだけでも脂肪をつきにくくすることはできるのです。

ステップ2:ダイエット茶&サプリメントを取り入れる