軽い運動を心がける

ここでは、炭水化物ダイエットと合せて行うと良い、簡単な運動についてご紹介します。

炭水化物ダイエットと組み合わせたい運動

運動と組み合わせると◎炭水化物ダイエットは、糖質を制限することで確実に体重を落としていくことができるダイエット方法ですが、それだけでは脂肪と一緒に筋肉もなくなっていってしまいます。

筋肉が減ってしまうと基礎代謝が低下し、エネルギーを消費しにくい体になっていくので、リバウンドしやすく太りやすい体質を作り出してしまいます。

ダイエット後もリバウンドせず、スリムな体型をキープしたいのであれば、適度な運動を行って筋肉を維持することが必須なのです。

健康的なダイエットには、ウォーキングなどの有酸素運動が最適と言われていますが、ここではより簡単な、どこでもできる運動をご紹介しておきます。

【太もも上げ体操】

  • 両腕を体の脇に軽くつけ、両脚を揃えてまっすぐ立つ
  • 両腕を曲げて手の平を下に向け、腰骨の前に置く
  • 片方のヒザを腰の高さまで上げてストップ
    この時太ももの付け根が手の平に当たるようにする
  • つま先からゆっくりと着地し、かかとが最後に床につくようにする
  • 反対側の足も同様に
  • 1~5までを1回1秒くらいのゆっくりとしたスピードで15分続ける

ゆっくりと足踏みをするだけの簡単な体操ですが、早歩きした時と同様のカロリー(1分で6kcal)を消費することができます。この運動をできれば朝と夜の1日2回(15分×30分)行うとダイエット効果はぐっとアップするはずです。

ですが、無理はしなくてもOK。1日1回の運動を2日置きに行うのでも構いません(筋トレなどは2日おきのほうが効果大とも言われています)。

大切なのはできるだけ長期間続けることなのです。軽い運動を週に1回でも良いので長い間続けていくように心がけましょう。

その他、ダイエットに効果的と言われる、水泳・ジョギング・筋トレ・ヨガ・エアロビクス・ピラティスなどでももちろんOKです。自分の生活の中で無理なく行える程度に運動を取り入れてみて下さい。