知らないと怖い炭水化物中毒

ここでは、炭水化物ダイエットともかかわりの深い、炭水化物中毒について説明していきます。

炭水化物中毒とは

炭水化物は人のからだのなかに摂りこまれると、ブドウ糖に分解されて血中に送られます。

血のなかに入ったブドウ糖は肝臓へと集められ、すい臓から送られてきたインスリンによってグリコーゲンへと変えられ、脳や筋肉のエネルギー源として消費されるのです。

しかし、そこで消費しきれなかったグリコーゲンは体外に排出されることなく、中性脂肪として体内に蓄えられます。蓄えが多すぎる状態が肥満、というわけです。

このように、食事で摂取された炭水化物はインスリンによってブドウ糖に変えられるわけですが、このインスリンが正常に機能しないと低血糖症や高血糖症になってしまいます。

炭水化物中毒とは、インスリンの分泌が過剰になり、いくら炭水化物を摂取しても、また炭水化物を欲してしまうという症状。

そして食べれば食べるほど、さらに炭水化物の食欲が増加し、肥満、最悪の場合は糖尿病を罹患するという事態に。

また、肉体的な負担だけではなく、何か口にしていないとイライラしたり、不安になったりするほか、情緒不安定にもなってしまうという怖い中毒症のひとつといえるでしょう。

「炭水化物をカットするダイエットだから関係ない」わけではありません。

栄養のバランスが崩れることでインスリンの分泌バランスも崩れたり、炭水化物に対する欲求が高まって以前にも増して摂取してしまったりと、炭水化物ダイエットとも無縁ではないのです。

正しい知識を身につけ、正しい炭水化物ダイエットをしてください。