コンビニ食でもダイエット?

炭水化物ダイエットに向いているコンビニ食を紹介します。

コンビニ食でも炭水化物ダイエットを実践

コンビニ食というと、おにぎり、パン、お弁当、お菓子…どれも炭水化物!というイメージがありますが、炭水化物ダイエットを達成できるメニューもありますので、ご紹介します。

ただ、知らないでいると、炭水化物をたくさん摂ってしまうこともあり得るので、あわせて代表的なNG食も挙げておきますね。

1、どう考えても大丈夫!サラダ系

サラダ系は基本的にすべて大丈夫です。
もちろん少しは炭水化物が含まれているものもありますが、そんなに気にすることはありません。

・NG食:ポテトサラダ系、パスタサラダ系、マカロニサラダ系

2、揚げ物?OKです。ただし…

揚げ物は太る、というイメージがありますが、炭水化物ダイエット的にはOKです。
なるべく衣が薄目のものを選んでくださいね。
ただし、どの揚げ物も油には変わりありません。食べすぎは良くないのでご注意を!

・NG食:ポテトフライ、コロッケ系(メンチカツ含む)

3、惣菜系は中身をよく見て!

枝豆、肉系、魚系、焼き鳥系は大丈夫です。ただし、味付けに注意してください。
濃い味付けのものは、砂糖がたくさん含まれていることが多いので、避けたほうが良いでしょう。

・NG食:餃子、煮物

4、おでんは具による

基本的に、おでんは炭水化物ダイエットの味方です。
コンニャク、しらたき、つぶ貝、はんぺん、牛すじ、昆布、ソーセージ、たこ、ゆで卵…、炭水化物ダイエットのためにあるような具材ですね。
ただし、中には悪魔のような具材も隠れているので気を付けて。

・NG食:さつま揚げ、厚揚げ、がんも、餅入り巾着、ちくわぶ

5、スープも大丈夫!でも油断しないように

スープはほとんどが水分ですから、もちろん問題ありません。
とは言っても、具によっては炭水化物が多めのものもあるので、ちょっと注意が必要でしょう。

・NG食:春雨スープ、豚汁

6、今夜は部屋飲み!

友達と一緒に朝まで部屋飲み!そんなときも炭水化物には気を付けて。
焼酎、ウイスキー、ウォッカ、ジンなどは蒸留酒なので大丈夫。
糖質ゼロの缶チューハイ、糖質ゼロのビール風味飲料、最近人気のハイボールなども大丈夫です。
お酒は敵と味方がハッキリわかれているので、案外選びやすいかもしれませんね。

・NG食:ビール、日本酒、甘いジュースで割った焼酎など