副食系

ここでは炭水化物ダイエットで挑戦したみていレシピのうち、簡単にできる副食・おかずをまとめてみました。

サイドメニューにつくりたいダイエットレシピ3選

●鶏肉のマスタード焼き

・材料(1人前)

  • 鶏むね肉(皮なし)1/4枚(約60g)
  • 粒マスタード小さじ2
  • みそ小さじ1
  • 白ワイン小さじ1

ダイエットに最適な食材である鶏むね肉をおいしく食べられるメニュー。マスタードのピリカラ感や、みそ・ワインのコクで、たんぱくな鶏肉がおどろくほど味わい深くなります。みその種類やワイン種類を変えると、違う風味が楽しめます。

  • (1)粒マスタード、みそ、白ワインをあわせ、練り合わせておく。
  • (2)(1)を鶏むね肉に塗り、グリルでじっくり焼きあげます。グリルがなければ、アルミホイルに包んでフライパンで焼いてもOK。どちらにしても焦がさないようにするのがポイント。
  • (3)焼きあがったら盛りつけてできあがり。

●タマゴかけキャベツ

・材料(1人前)

  • タマゴ1個
  • キャベツ1~2枚
  • しょうゆ適量

タマゴかけご飯ならぬ、タマゴかけキャベツです。炭水化物をカットできるだけでなく、食物繊維も豊富。ビタミン類もタマゴから摂取できるので、お手軽ながら理にかなったダイエットレシピ。主食にも副食にもピッタリです。

(1)キャベツを千切りにする。千切りが苦手な人は、スライサーでおろすと、簡単にできる。
(2)タマゴは器に割りいれ、しょうゆを適量おとしてかきまぜておく。
(3)お茶碗によそおったキャベツにタマゴをかければ、あっというまに完成です。

●野菜ジュースの簡単冷製スープ

  • 野菜100%ジュース300cc
  • 豆腐80g
  • トマト(ミニトマトでもOK)1片

野菜ジュースと豆腐だけのとてもヘルシーな冷製スープ。野菜ジュースは糖分の少ないものを選ぶことがコツです。

(1)豆腐は角切りにし、水にさらしてニガリを抜いておく。
(2)浮き実用に、トマトを5mm角ほどに切りそろえておく。
(3)豆腐と野菜ジュースをなめらかになるまでミキサーにかける。
(4)豆腐と野菜ジュースが混ぜ合わさったら器に注ぎ、切っておいたトマトを浮かべればできあがりです。