外食

炭水化物ダイエットに向いている外食メニューの例を紹介し、あわせて、メニュー選びのポイントや注意点を解説します。

これも大丈夫?炭水化物ダイエットに向いている意外な外食メニュー

炭水化物ダイエットでは、どのようなものが食べられるのか紹介します。

なお、炭水化物ダイエットは糖質制限ダイエットとも呼ばれています。

ケンタッキーフライドチキン

実は、ケンタッキーのオリジナルチキンは、ダイエット食です。それは、低炭水化物、つまり低糖質のダイエットの方が、低脂質のダイエットよりも効果的であることが判明したから。

そもそもチキンはたんぱく質が豊富です。ダイエットで脂肪を燃やしたいなら筋肉が必要ですが、筋肉の原料となるのがたんぱく質である、ということは言うまでもない常識ですよね。

「揚げ物なのに大丈夫なの?」と疑問に思う人もいるでしょう。しかし、ケンタッキーのチキンは薄い衣で低炭水化物。そのうえ、こだわった油を使っているので、他で売られているフライドチキンと違い、おすすめなのです。

ただし、パンで挟んだものは避けたほうが無難。パン自体に糖質がかなり多く含まれているからです。ダイエット目的ならお肉だけで楽しみましょう。

焼肉

なんと焼肉もOK。焼肉をよく食べている人は太っているイメージがありますが、焼肉自体が太る原因になっているのではなく、他のメニューで太っているのです。

ただし、焼肉のタレには意外に多くの糖質が含まれているため、なるべくなら、塩やレモン汁などで味付けしましょう。

また、言うまでもありませんが、ビビンバ、クッパ、ご飯、冷麺などは炭水化物の塊。お腹が満たされない場合は、肉だけをどんどん追加投入すべし。特に、低脂質・高たんぱくな、ヒレやスジ等がダイエット向きです。

刺身・焼き魚

こちらもダイエッターの強い味方。糖質が少なく、タンパク質が豊富です。

食べ方は刺身や焼き魚がグッド!砂糖がたっぷり使われている煮魚には要注意です。

焼酎&焼き鳥

酒飲みは太るというのは昔の間違った説。焼酎に糖質はほとんど含まれていないので、直接太るという要因にはならなそう。

また、焼き鳥の糖質も微量。タンパク質中心なので太りません。

だから糖質制限ダイエット中なのに、同僚や友人に飲みに誘われてしまった…、と困る必要はありません。焼き鳥をつまみに焼酎を嗜んで、楽しみましょう。

ただし、低糖とはいえ、アルコールを分解するには肝臓に負担をかけます。体に負担をかけるということは、基礎代謝を下げる原因になりますから、飲み過ぎには気をつけましょう。

いっぽう、ビールや日本酒、ワインなどは、逆に糖質の宝庫。また、焼酎とは言っても、糖質が多く含まれた割ものを混ぜたらアウトなので、そのポイントだけはおさえておきましょう。

ここに着目!メニュー選びのポイントを知る

糖質制限ダイエット中で外食をする際には、次の2点に注意しましょう。

  • ご飯・パン・麺類は避ける
    大げさに言えば、これらを食べるというのは、炭水化物をそのまま食べているようなもの。とくに、「そば×丼」のランチセット風のものは絶対ダメ。
  • 肉なら良いとは言っても、食べすぎない
    炭水化物の代わりに肉をたくさん食べるのは、ダイエッターの発想としては間違っていません。しかし、肉にまったく炭水化物(糖質)が含まれていないわけではありませんので、食べすぎたら太ります

上記にあげたものは、ダイエット中とはいえ比較的満足できるメニューではないでしょうか?お腹も心も満たされながらの糖質制限メニュー。一度試してみる価値はありそうですよね。