外食を減らして-1.4kgに成功!(20代女性)

ここでは、炭水化物ダイエットに成功した20代女性の体験レポートをご紹介しています。

食べるのが好きな私でもなんとか成功しました!

甘いものも炭水化物も大好きです…美味しいお菓子や美味しいご飯、食べることが好きでついつい手が出てしまう質。

「まだ若いし、燃焼するから大丈夫!」年齢に甘えそんな軽い気持ちで、食べたい時には我慢せずに食べるという生活を続けていました。気付けば、1番痩せていた頃より5kgも体重が…。

友人もキレイな子が周りに多かったため、このままではマズイ痩せないと、という気持ちが芽生えダイエットを決意しました。

ですが、運動が嫌いな私。マラソンやダイエット機器を利用して痩せようにも、道具を揃えて満足してしまいます…。なので、今回は食事制限のダイエット、その中でも制限の少なめな炭水化物ダイエットにチャレンジしてみたいのです。

正直のところ結果は、イマイチ。朝は炭水化物をカットできても、外食の多い昼夜で、どうしても炭水化物を口にしてしまうことが多く…。それでも、5日間で500gくらいは減ってきたので、それなりに効果はあると感じていました。

お弁当作戦で外食を避けてみることに

何より食べることが好きな私には食事制限というハードルが高い。でも、炭水化物以外なら食べて良いんだから…と考えて、まずはどうしてもパスタやうどんなんかの一皿料理が多い外食を減らすことを目標にしました。

そこでまずはお昼ご飯を変えようと、お弁当にチャレンジ!ご飯は小さなタッパーに決められた量だけ、あとは好きなおかずをタップリ詰め込むことにしたのです。

さらに、ダイエット効果があるというサプリやお茶も購入!炭水化物だけじゃなくて、油なんかもカットしてもらうことを目的に取り入れてみたのです。正直、サプリやお茶を飲むだけでダイエット?と、半信半疑な気持ちでしたが、手軽なダイエットはやっぱり魅力。

特にお茶はは、お味も香りもほうじ茶で、とっても美味しくてお気に入り。水筒に入れてお弁当と一緒に飲んでいました。お茶を飲むと体が内からポカポカと温まる感じで、さらにお通じが良くなって来たんです。心なしかむくみも改善しているように感じ、期待して飲み続けていました。

お昼をお弁当にするというスタイルにも慣れてきたころには、食事制限をしているというのもあまり意識しないようになっていました。

そして2週間、結果は-1.4kg!数値的にはたいしたことないのかもしれませんが、夜にラーメンを食べてしまった日もあったりと、厳しい炭水化物制限をしていたわけではないので、私としては満足です。