停滞期を乗り越えて-2.6kgに成功!(30代女性)

ここでは、炭水化物ダイエットに成功した30代女性の体験レポートをご紹介しています。

ダイエットの停滞期を乗り越えて減量に成功!

お肉を我慢する日々…転職してからのストレスや不摂生な生活がたたって、1年半で15kg近く太ってしまいました。これではまずいと思い、ダイエット開始。3か月で10kgマイナスの目標を立ててスタートしました。

始めの1ヶ月は、夕食では大好きな揚げ物をや肉類、毎晩のビールもやめたので、当たり前かもしれませんが自分ではかなり頑張ったつもりです。あっというまに4㎏痩せました。

ですが、このまま体重が減り続けるわけもなく、いよいよ停滞期に入ってしまったのです。

しかし、これ以上の無理な食事制限は痩せたとしてもリバウンドしそうだし、体に良くないような気がしたので、今度はプラスアルファを取り入れてダイエットを続行することに決めました。

炭水化物だけを我慢すればOKなので気楽です

カレーもご飯抜きで食べています大好きな肉やビールを絶ったというのが、この停滞期のイライラを招いたと思い、今度はもっと頭を使って、炭水化物ダイエットに挑んでみることに。

白米やパン類を極力控える代わりに、肉を解禁(脂身ははずしましたが)。昼ごはんに食べていたパスタもやめてみました。

好きなものが食べられるとはいえ、ドカ食いには気をつけながら続けていったところ、体重の変動は3日目でマイナス300g、1週間でマイナス1.3kgと順調に減りだしました。

さらに、あれこれ探して見つけた糖質&脂質カットできるダイエット茶を友人も巻き込んで共同購入し、半分ずつ分けあって飲むことにしました。

このお茶は粉末状になっているので、会社の自販機で買ったペットボトルのお水にそのまま入れて飲めるのが手軽でいいです。作るのに30秒もかからないので毎日気軽に飲めました。

食事制限のせいか、ちょっと詰まり気味だったお通じが本当に良くなり、少し良くなりすぎるほどだったので、飲む量をセーブしつつ続けてみることに。

その結果、2週間後には体重もマイナス2.6kgになっていました

目に見えてダイエット効果を実感しはじめたのこのころ。なんと、入らなかったスカートやブーツが入るようになったんです!

鍋も食べちゃいます!周りの人からも「痩せましたね」と声をかけてもらうことが増えたので、やっぱり痩せたんだと実感できたのが励みになりました。

特に運動らしい運動はせず、これだけの効果が出たのは驚きです。炭水化物を減らすと、どうしても便秘になりがちだったので、便秘解消効果のあるアイテムを取り入れるのは必須なのかもと感じました。

30代後半で痩せにくくなっている体なので、サポートアイテムは何かしらあるとダイエットが順調にすすみますね。食事内容には引き続き気をつけつつ、今度は少し運動もプラスしていこうかと思案中です。