乳製品

ダイエットに効果的といわれる食材として、乳製品を紹介します。どのような効果があるのか、炭水化物ダイエットに取り入れたい理由などを解説します。

乳製品のダイエット効果

乳製品の摂取については賛否両論ありますが、上手に取り入れればダイエットの効果をアップさせるのにとても役立ちます。乳製品のダイエット効果は下記のようなものになります。

1、筋肉をつけて脂肪を減らす効果&リバウンド防止効果

乳製品・牛乳を適量摂ることでカルシウムの摂取量を増やし、さらにカロリー制限を同時に行うことで、体内の脂肪分だけを減らす効果が得られるという研究報告があるそうです。

メカニズムは完全には解明されていないようですが、ダイエット(食事制限)しながら乳製品(低脂肪乳が望ましい)を毎日カップ1杯分ほど摂るようにすると、筋肉が増えて体脂肪が減り、体が引き締まってくるのだとか。乳製品はタンパク質が豊富ですから、食事制限中の筋肉の減少を防いでくれるのでしょう。

また、筋肉が多い体は基礎代謝が高いので、ダイエット後のリバウンドも起こりにくくなります。脂肪分のなるべく少ないもの、無脂肪乳や低脂肪乳を選ぶことがポイントです。

2、脂肪燃焼効果を促進させる

フェタチーズとゴートチーズには、体内の脂肪燃焼を促進させる働きのある脂肪酸が含まれています。この脂肪酸は食事の満足感を増進させる効果もあり、食べ過ぎも防いでくれます。

3、ダイエット中のイライラ感を鎮める

ダイエット中はイライラが募ります。ストレス解消の方法として食べることをあげる方も多いかと思いますが、ストレス解消のためにムダ食いしたら、ダイエットは失敗してしまいますね。そんな時は温めた牛乳を200ml程度飲むと気分がリラックスでき、空腹感も落ち着きます。

また、牛乳に含まれるトリプトファンという成分は、良質な睡眠に導く効果があるとされています。お腹が空いてどうしても眠れない、という時にも役立ちます。

4、腸内環境を整える

ヨーグルトやナチュラルチーズは発酵食品ですから、生きた乳酸菌や酵素がたっぷり含まれています。乳酸菌は私たちの腸内に存在する善玉菌の一種で、便秘解消や腸の健康を保つのに役立ってくれます。

腸内環境が良くなると免疫力もアップしますから、「ダイエット中は体力が低下して風邪をひきやすくなる…」という人にもおすすめです。

ダイエットに役立つ乳製品の摂り方

簡単な方法は、食事の前にコップ1杯の低脂肪乳を飲むことです。食前に牛乳を飲むと空腹感が和らぎ、食べ過ぎを防ぐことに繋がります。

炭水化物ダイエットをしている間のストレス防止、筋肉量の減少の防止などに乳製品は役立ってくれるでしょう。

ただし、乳製品は摂りすぎると肌や体の不調を招く可能性もあるようですから、くれぐれも摂り過ぎないように注意しましょう。