グレープフルーツ

ダイエットに効く食べ物として、一時期ブームにもなったグレープフルーツ。そのダイエット効果について、詳しく解説します。

グレープフルーツのダイエット効果

糖質が少なく、他の果物と比べてカロリーも低い(1房で100kcal程度)グレープフルーツ。
さらに、グレープフルーツには食物繊維やカリウムなど、ダイエットにいい成分が豊富に含まれています。

1、 食欲を抑える

グレープフルーツ特有のあの香りを生み出している「ナリンギン」という成分には、食欲を減退させる効果があります。
ですから、グレープフルーツの香りを嗅ぐだけでも、食欲が抑えられ、少ない量の食事でも満足感が得られるようになります。

また、消化に時間がかかるため、低カロリーでありながら、腹持ちがいいのも特徴。

グレープフルーツの香りにはストレスを和らげる効果もあるので、ダイエット中のストレスによるドカ食いも防いでくれます。

2、 脂肪燃焼効果

グレープフルーツに含まれる「ヌートカトン」という成分は、交感神経を活性化させ、「UCP」という、脂肪燃焼を促進する成分を生成させると言われています。

また、糖質を効率よくエネルギーに変えるために欠かせない、ビタミンB1も豊富。

さらに、酵素が血糖値の上昇を抑えてくれるため、体に脂肪を溜め込みにくくしてくれます

3、 便秘解消

グレープフルーツには食物繊維がたくさん含まれています。内臓の働きをよくする効果もあるので、グレープフルーツを食べることで、便秘も治すことができます

ちなみに、食物繊維は果肉よりも、薄皮のほうが多いそうです。

4、 デトックス効果

柑橘系であるグレープフルーツは、ビタミンC、ビタミンBなどが豊富。

また、カリウムも多く含まれているため、体内の余分なナトリウムを排出してくれ、下半身太りの原因となるむくみの解消にも効果があります。

グレープフルーツダイエットのポイント

さまざまなダイエット効果のあるグレープフルーツですが、痩せるからと言ってグレープフルーツばかりを食べないように注意。

朝食や夕食をグレープフルーツに置き換えて、あとの食事は好きなものを食べるのがおすすめです。
グレープフルーツを食べるときは、大豆やゆで卵などで、不足しているたんぱく質を補うことも大事

また、炭水化物ダイエットと組み合わせるなら、1日3食、食事の前にグレープフルーツを食べたり、香りを嗅いだりするのも効果的です。食欲が抑えられ、少ない量でも満腹になります。

グレープフルーツジュースでも効果は得られますが、食物繊維などは生のものより大幅に減ってしまうので、なるべく生のグレープフルーツを食べたほうがベターです。

どうしてもジュースで摂る場合は、砂糖の加えられていないものを選びましょう。