ガルシニア茶

ダイエット効果で一大ブームを巻き起こしたことのあるガルシニア茶。ノンカフェインなので、お子様や妊婦さんにも安心です。

ダイエットに効くメカニズムを解説し、併せて正しい飲み方も紹介します。

2つの方向からダイエット効果を発揮するガルシニア茶

ダイエット効果を狙ったサプリメントでも知られる、ガルシニア。

東南アジアに自生している「オトギリソウ科」の木から抽出された成分で、正式名をガルシニア・カンボジアと言います。

ダイエットに有効な成分

ヒドロキシクエン酸という成分が、ダイエットに著しい効果を発揮します。ガルシニアの果皮から抽出されます。

どのようにしてダイエットに働くのか

ヒドロキシクエン酸は、2つの役割でダイエットに効果を発揮します。

1つ目は、体脂肪が作られるのを防ぐ役割。2つ目は、満腹感を持続させる役割。

まず1つ目、体脂肪の生成阻止について。

上で紹介した、ガルシニアに含まれているヒドロキシクエン酸。この成分は、炭水化物(糖質)が脂肪に変化していくのを防いでくれます。

糖質を脂肪に変化させる犯人は、ATPクエン酸リアーゼという物質。これが脂肪を作ろうとする過程で、ヒドロキシクエン酸が作用し、脂肪の生成を邪魔します。

これによって、脂肪が過剰に作られるのを防いでくれる、といった流れです。

そして2つ目、満腹感の持続について。

ガルシニアには、お腹が減るのを遅らせてくれる働きがあります。実際には、血糖値が下がっていくペースを緩やかにするということです。

食事後は、急激に血糖値が上がります。そして上がった分だけ、急激に下降。この血糖値が下がる現象に合わせて、私たちはお腹がすいたと感じるのです。

そんなときに、ガルシニアは血糖値が下がるのを遅らせてくれるので、必然的に、お腹がすくのも遅らせてくれるということになります。満腹感が持続しますので、間食を防ぐことが可能です。

効果的なガルシニア茶の飲み方

ガルシニア茶は、ちょっと酸っぱいような変わった味なので、苦手だという人もいるのでは?。

麦茶やほうじ茶など、別の飲みやすいお茶を混ぜて飲めば、そのまま飲むよりは抵抗が少ないでしょう。

タイミングは、できれば食前に1杯。飲むのを忘れていた、という場合には、食後30分以内ならば、それなりに効果はあります。

量は1日250ml~1000mlが理想と言われていますが、まずは量よりも3食の前に飲むことを習慣にしましょう。

【注目】ガルシニア茶との併用も!体をスッキリ引き締めるおすすめHMBサプリ