ギムネマ茶

ギムネマ茶のダイエット効果について解説します。飲み方にもポイントがあるので、ダイエットに利用する人は参考にしてください。

ギムネマ茶のダイエット効果とメカニズム

インドなどの熱帯地域に生えているギムネマ。ただの雑草のようなその植物ですが、ダイエットの強い味方なのです。

ダイエットに有効な成分

ギムネマの主成分であるギムネマ酸が、ダイエットに著しい効果を発揮します。

どのようにしてダイエットに働くのか

ギムネマ茶は、2つの側面からダイエットにアプローチします。

1つ目が、ブドウ糖の吸収を抑えるという側面。2つ目が、甘味を感じなくさせるという側面です。

まずは1つ目の、ブドウ糖に関して。

ギムネマ酸は、炭水化物(糖質)から変化したブドウ糖が、小腸から吸収されるのを邪魔します。ブドウ糖が吸収されなければ、血糖値は上がりません。血糖値が上がらなければ、インスリンの分泌は減ります。

インスリンには、脂肪を作って蓄える働きがありますが、ギムネマ酸がこの分泌を抑えるということなので、ダイエットには効果的です。

2つ目は、とても不思議な効果。

ギムネマ茶を口にすると、数分後、甘味を感じなくなります。砂糖を舐めても、ザラザラとした感覚があるだけ。スイーツを食べても、甘さを感じません。1時間ほどで、味覚は元に戻ります。

人は、甘いものならば、お腹が一杯でも食べたいと、無意識に思ってしまうのです。つまり、ギムネマ茶は、食欲を減退させる効果があるのです。

効果的なギムネマ茶の飲み方

ダイエット目的であれば、食事直前に飲むのがベストです。食後30分以内であれば、まだ糖質の吸収をおさえる作用が働くと言われます。

なお、味はかなり苦みが強いので、何か別のお茶とブレンドしたほうが良いでしょう。

市販されているギムネマ茶には、すでにブレンド済みのものもあります。その場合は、商品名にギムネマ茶という名称が入っていない場合もありますので、内容成分を確認するようにしましょう。

2つの副作用に注意!

ギムネマ酸の2つの副作用に注意してください。

1つ目は、鉄分の吸収を阻害してしまうことで起こる副作用

鉄分は人間の体にとって、とても大切なミネラルです。貧血症の人や妊婦さんは注意が必要です。

2つ目は、ブドウ糖の吸収を阻害してしまうことで起こる副作用

普段、血糖降下剤を処方されている人がギムネマ茶を飲むと、場合によっては低血糖に陥る可能性があります。ダイエット効果も期待できますが、別の側面ではそれが副作用となることもあるので注意が必要です。

ギムネマ茶と組み合わせたい注目のダイエットサプリ「HMBサプリ」比較ランキング